わんらぶ魂!

ゲームレビューやガジェット紹介がメインのゲーム系ブログ。サッカー観戦記なども書いています!

【スポンサーリンク】

【レースシム】テレメトリーアプリ「SIM Dashboard」使い方と設置方法!F1にも対応【PC/Android】

f:id:shinshiraoka1411:20200405082052j:plain

レースシムをプレイする際「テレメトリー」の画面があると、現在マシンがどういった状態なのか瞬時に把握できます。

今回は、そんなレースシム用のテレメトリーアプリを紹介。

 

その名も「SIM Dashboard」。Androidに対応した有料アプリで、最近の主だったレースゲームに対応しています。

この記事では「SIM Dashboard」について・・・

◆どんなアプリなの?料金はいくら?

◆設定のやり方

◆使い方と設置方法の例

◆使ってみた感想

これらを書いていきます。

 

有料アプリですが、値段の割には使い勝手もよく「レースシム環境をもっと充実させたいな!」という方にはぜひおすすめしたいスマホアプリになっていますよ!

スマホ画面にテレメトリー表示可能!料金はソフトごと課金

f:id:shinshiraoka1411:20200405082125j:plain

「SIM Dashboard」は遊んでいるゲームで現在乗っているマシンのテレメトリーが、スマホに表示されるアプリ。PCとスマホを同一Wi-Fiで接続することで、データを転送します。

 

画面に表示できる情報は「ラップタイム」「ベストラップとの差」「シフトインジケーター」など、レースに必要な情報はほぼ網羅しています。

テレメトリー画面は自分でカスタマイズ可能ですし、有料版にすればテンプレートも用意されています。特にテンプレートは見やすく設計されているので、僕はこちらの画面を使っています。

 

アプリの全ての機能を使うには課金する必要があります。無料版だと制約が多いので、課金が前提のアプリと考えた方がいいでしょう。

料金はゲームごとに課金するシステム。全てのゲームに対応した完全版を一括で買うこともできます。

価格はソフトによって異なり、例えば「F1 2019」は380円。決済はクレジットカード・デビットカードに対応しています。

【主な対応ゲームソフト】PCがメイン・PS4は少ない

ここで、アプリのメニュー画面から確認できた主な対応ゲームソフトを書いておきます。

◆F1 2019(Xbox/PS4/PC)

◆Dirt Rally 2.0/1(PC)

◆Assetto Corsa Competizione/Assetto Corsa(PC)

◆Forza Horizon 4/Forza Motorsport 7

◆Project Cars 2(PC)

◆iRacing

◆Euro Truck Simulator 2

◆American Truck Simulator

◆Automobilista 2/Automobilista

◆Dirt 4/3/2(PC)

これらのソフトが対応しています。

PC版は広くカバーしている一方、PS4の対応ソフトは少なめ。PCレースゲーマー向けのアプリといえますね。

使い方・設定方法

この「SIM Dashboard」は、以下の手順で使えるようになります。

 

①スマホにアプリをインストール(アプリストアで「SIM Dashboard」と検索)

②アプリを起動しておく

③ゲームをプレイするPCに「SIM Dashboard Server」をインストール(スマホアプリにアドレスが表示されています)

④PCの「SIM Dashboard Server」を起動し、ホーム画面の「Games」タブをクリック。するとゲーム一覧が表示されるので、プレイするゲームの項目にチェックを入れる

⑤「SIM Dashboars Server」とスマホの「SIM Dashboard」を起動したまま、ゲームを立ち上げる

このような流れで使用可能になります。

 

また、テレメトリーの画面については自分で設定可能。

ホーム画面の「ペン」のボタン、次に「+」ボタンを押し「Add Widget/Design」ボタンを選択。すると、テンプレートの選択画面が表示されます。

設置方法

f:id:shinshiraoka1411:20200405082207j:plain

我が家では、100均のスマホホルダーを養生テープでハンコンに固定。そこにスマホをはめ込んで使っています。

かなり簡易的ですが、高さはちょうどいい感じでレース中も画面を見ながら走行できています。

 

設置するときは高さが重要

ステアリングの少し上に画面がくるように設置すると、走行中も見やすいです

使ってみた感想

ここからは「SIM Dashboard」を実際に使ってみた感想を。

お金を払ってまで買う価値のあるアプリなのでしょうか?

画面をカスタマイズできるのが良い

f:id:shinshiraoka1411:20200405082232j:plain

自分の好きなデザインに変更可能

このアプリでは、自分の好きなようにテレメトリー画面をカスタマイズ可能

具体的には「タイム」「残りの燃料」「スピードメーター」などを好きなように設置することができます。ただ、素人が作ると見づらい画面になりがちではありますw

 

そんな場合に備えてか、テンプレート画面も用意されています。

有料会員になるとアプリ内のブラウザから好きなテンプレートを見つけて、その画面で遊ぶことができます。

このテンプレートも様々なものが用意されているので、自分に合った画面を選びやすいのは嬉しいポイント

 

テレメトリーの画面を好きなように設定でき、デザインの幅も広いのは「SIM Dashboard」の良いところです。

遅延は感じない

ネットワーク接続をしていますが、このアプリでは遅延は感じないですね。

たしかに1秒以下の遅れは少しあるかもしれませんが、走っているときは特に問題なし。

 

今までスマホのテレメトリーアプリは使ったことがなかったので、「遅延がここまで無いのはすごいな!」と素直に感じますね。

【まとめ】この出来栄えなら課金でも満足!どんな人におすすめ?

f:id:shinshiraoka1411:20200405082301j:plain

設置は高さが重要

「SIM Dashboard」はテレメトリーアプリとして必要な機能の多くが備わっていると思います。なおかつ、遅延の少なさ・カスタマイズの幅広さもあるので、質が高いアプリともいえますね。

スマホアプリとしては完成度が高いので「課金してもよかった!」と感じています

 

最後に、どんな人におすすめのアプリなのかをまとめます。

まずテレメトリーアプリは、いくつかの情報は見やすい。特にベストラップとのタイム差。これを画面中央に置いておくと、すぐに「今はどこの区間でタイムが遅いのかな?」をすぐに確認できて便利です。

ゲーム画面だと、タイム関連の情報は少し見づらかったりします。タイムを削っていくのが好きな方には、このテレメトリーアプリは一度使ってみるのもおすすめだと思いますね。

 

また、テレメトリーアプリがあると気分も上がる!

この画面が表示されたスマホを置いておくと「なんか速く走れそうでカッコいい!」と感じられ、いつも以上にやる気も出ますね。

見た目から入る人にもテレメトリーアプリはおすすめです。

 

以上、「SIM Dashboard」の紹介でした。

スポンサーリンク