わんらぶゲーマーのゲーム魂!!

「わん」ちゃんを「愛」するから、『わんらぶゲーマー』。PS4などのゲームや映画の話題をとりあげています!トイプードルのシロもよろしく!

【スポンサーリンク】

【レビュー】PX276は超コスパに優れたおすすめゲーミングモニター【Pixio】

f:id:shinshiraoka1411:20180806135336j:plain

ゲーム用に作られたPCモニター、それが「ゲーミングモニター」。

 

その中でも、この記事で紹介するのは『Pixio PX276』。

今回、Pixio様にこのモニターを提供してもらい、2週間ほど使わせてもらいました。

 

僕自身、ゲーム用のモニターは久しぶりに使ったわけですが、

なかなかコスパが良いモニターだなぁ!

というのが印象的なモニター。

 

ただ、良い点もあればイマイチな点もある。

今回は。そんなゲーミングモニター『PX276』のゲーマー目線でのレビューを良い点・悪い点を含めて書いていきますよ!

「PX276」のスペック

まずは「PX276」のスペックから。

  PX276
画面の大きさ 27インチ
画面解像度 2560×1440
リフレッシュレート 144Hz
応答速度 1ms
重さ 4.65㎏

 

「PX276」は画面の大きさが27インチなので、モニターの中でも大きい部類に入ります。

 

また、画面の解像度は2560×1440(WQHD)なので、一般的なフルHDのモニターよりも高精細な画像を楽しめるようになっています。

4Kほどとは言えませんが、フルHDよりも綺麗な画像ですね。

 

その他の特徴としては、

・リフレッシュレートが144Hz

・応答速度が1ms

といったところ。

 

ゲーム用に特化したモニターになっています。

付属品

f:id:shinshiraoka1411:20180806135406j:plain

これらが付属品。

 

・モニター

・モニターの土台

・ネジ×5本

・説明書

・Display Portケーブル

・電源ケーブル

が付属しています。

組み立て方

f:id:shinshiraoka1411:20180806135713j:plain

まずは土台を組み立て。これはネジを使うだけなので、難しくはありません。

 

f:id:shinshiraoka1411:20180806135802j:plain

厄介なのはここから。

まず、モニターの裏のカバーをあけます。

 

f:id:shinshiraoka1411:20180806135949j:plain

そして、ネジを使って接続。

これでモニターを土台と接続するのですが、ここが少し分かりにくかったですね。

モニターの端子は3種類

f:id:shinshiraoka1411:20180807134324j:plain

左から「DVI・HDMI・Display Port」

このモニターには、

・HDMI×2

・DVI端子×1

・Display Port×1

の計4つ。

 

これに加えて「3.5㎜オーディオケーブル」を接続することができます。

リフレッシュレートが144Hzでヌルヌル動くぞ!

ここからは『PX276』を使った感想。

 

まず、このモニターを使うと画面の動きがすご~くヌルヌルになります

なぜかというと、リフレッシュレートが144Hzだから。

(リフレッシュレートが高いほど、画面の動きはスムーズになります)

 

PCゲームだと、144Hzのリフレッシュレートに対応しているソフトが多いです。

僕もそういったゲームを何個かプレイしてみましたが、とってもヌルヌルでスムーズに動く!普通のモニターよりも快適なゲームプレイができます

それだけヌルヌル動くため、ゲームにも集中しやすく、ゲームをより一層楽しむことができますね

 

ゲーミングPCなど、144Hzのリフレッシュレートに対応したゲーム機を使って、このモニターでゲームを遊ぶと、とても滑らかな動きのゲームプレイを楽しめます。

これは「PX276」の良かったポイントのひとつですね。

【注意点】PS4やSwitchでは144Hz未対応

ここで注意してもらいたいポイントが一つ。

 

PS4やSwitchなどのゲーム機は144Hzに対応していません

したがって、この『PX276』の高リフレッシュレートは‘最大限には’生かすことができません。

 

この点には注意が必要です。

27インチなので迫力もある

f:id:shinshiraoka1411:20180806143700j:plain

この「PX276」は27インチ。これはPCモニターとしては大きめです。

 

そして、画面がこれだけ大きいため、ゲームを遊んでいてもも迫力があります

特にアクションゲームなどでは、敵やモンスターが画面いっぱいに表示されるため、小さめのモニターでのプレイよりも格段に迫力がアップしていますね。

 

また、これは僕が感じたことですが、「PX276」の画面サイズはゲームを遊ぶのにピッタリの大きさ

その理由は、敵も発見しやすくプレイが快適だから。

 

特にFPSゲームでは遠くの敵も視認しやすく、ミニマップもある程度大きいため確認しやすい。

そのため、小さめのモニターよりもプレイがしやすいですね。

 

「PX276」は27インチと大き目のサイズなので、迫力もありプレイも快適になる。

これも良かったポイントの一つです。

ブルーライトカット機能は便利

最近のモニターには「ブルーライト軽減機能」が必ずと言って良いほど付いています。

 

もちろん「PX276」にもブルーライト軽減機能が付いていますが、これが意外と効果がある

2週間ほど使ってみましたが、やはりこの機能をがあるのとないのでは、目の疲れ方が全然違いますね。

 

今となっては当たり前の機能ですが、「PX276」はブルーライト対策もしっかり作られているモニターですね。

ベゼルレス&薄型でデザイン性もGOOD!

f:id:shinshiraoka1411:20180806141353j:plain

ここからは外観のレビュー。

 

まず、この「PX276」はベゼルレスのモニターです。要するに、画面の枠がかなり狭いということ。

画面の外側の枠(フレーム)がとても小さく、ゲームのプレイ中もほぼ気にならないレベルなので、デザイン性にも優れていまね。

 

また、モニターもかなり薄型

一番薄い部分だと1㎝にも満たない薄さなので、デスクの上に置いてあってもスリムでカッコいいモニターです。

 

「PX276」はデザイン性にも優れたゲーミングモニターですね。

組み立て方が説明書に書いてない!

ここでイマイチな点を3つほど。

 

まず、このモニターの説明書には組み立て方が一切書いてありません

複雑な組み立て方というわけではありませんが、一部わかりづらい箇所があります。そのため、僕は組み立てに30分ほどかかりました。

 

モニターの使い方は説明書にも書いてあります。でも、組み立て方は記されていなかった。

なので、出来れば組み立て方も説明書に書いておいてほしかったですね。

電源コードが短い

このモニターの電源コードは、とっても短いです。

測ってみたら、約50㎝ほど。

 

そのため、環境によっては電源を確保するのに苦労するかも…それぐらいの短さです。

 

ほかのモニターと比べてもかなり短いので、電源コードの長さには注意が必要ですね。

内蔵スピーカーはそれなり

4万円近くするこのモニターですが、スピーカーは今ひとつ。というか、

これじゃぁゲームに集中できませんわな…

というレベル。

 

なので、このモニターでゲームを遊ぶなら、スピーカーかヘッドホンは必須でしょう。

 

ちなみに、「PX276」は3.5㎜のオーディオケーブルと接続可能です。

VESA規格に対応。モニターアームも使用可能

f:id:shinshiraoka1411:20180806142039j:plain

「PX276」はVESA規格に対応しています。

したがって、一般的なモニターアームを接続すrことも可能です。

 

ちなみに付属の土台だと高さの調節は不可能です。

なので「モニターの高さを変えたい!」という人は、モニターアームを使って接続するのもおすすめですよ。

「PX276」最大の魅力はコストパフォーマンスの高さだと思う

僕は最初、

「商品提供するんでレビュー書いてください~」

よいう形でこのモニターを使っていました。

 

そのため、はじめはそこまで思い入れもなく?使っていました…、長く使ううちに、

おい!このモニター、めっちゃ良いじゃん!

と思うようになった。そして、結局自腹で購入しました(笑)

 

このモニターの何が僕を引き付けたか?それは・・・

価格は抑えられているけど、それでいて高性能

という点。

 

2018年8月時点で「PX276」は約4万円。

高価ではありますが、これは同等の性能を持ったゲーミングモニターと比べると、意外と安い。ほかの製品だと5万円を超えるものも多いですからね。

 

ほかの製品と比べて価格は抑えられているけど、144Hzに対応していて、しかも27インチの大画面

このコストパフォーマンスの高さが「PX276」の魅力だと感じますね。

コスパ&性能に優れていておすすめのゲーミングモニター!

f:id:shinshiraoka1411:20180806140641j:plain

この「PX276」は、価格も約4万円と意外と安め。

 

「え?4万円って高くね!」と感じる人もいるとは思いますが、性能を考えるとコスパはとても高いです。

・144Hzのリフレッシュレート

・応答速度1ms

・27インチ&WQHD画質

といった高い性能を搭載したゲーミングモニターの中では、かなり価格を抑えてあります。

 

僕も3週間ほど「PX276」を使っていますが、このモニターの最大の魅力は・・・

高性能でコスパが高いこと!

だと感じます。

 

コスパが高く、そして高性能な一台なので、

・初めてゲーミングモニターを買う人

・出来るだけ高性能だけど、価格も抑えてあるモニターが欲しい人

こういった人には、ぜひおすすめしたいゲーミングモニターですね。

 

ではでは、バイなら!!

 

関連記事

◆これで作業効率アップ!おすすめのPC周辺機器を特集⇒

おすすめのPC周辺機器15選!この便利グッズを使えば作業も捗る! - わんらぶゲーマーのゲーム魂!!

 

◆これまでのデバイスのレビュー一覧はこちら⇒

ゲーミングデバイス カテゴリーの記事一覧 - わんらぶゲーマーのゲーム魂!!

スポンサーリンク