わんらぶ魂!

ゲームレビューやガジェット紹介がメインのゲーム系ブログ。サッカー観戦記なども書いています!

【スポンサーリンク】

4KテレビをPCゲームのモニターとして使うのはおすすめ!実際に遊んだ感想

f:id:shinshiraoka1411:20190727182519j:plain

最近では4Kテレビも、発売当初よりだいぶ価格が下がっています。

そういったこともあり、自宅に4Kテレビがある人も多いはず。

 

そんな4KテレビにゲーミングPCをつないでゲームを遊んだらどうなるか?

今回は、1年前から僕も4KテレビでPCゲームを遊ぶようになったので、

①準備すべきこと

②PCゲームを4Kテレビでプレイしてみた感想など

を書いていきます。

4Kテレビをモニターの代わりにするのは可能

f:id:shinshiraoka1411:20200303171740j:plain

テレビに映したPCデスクトップ画面

まず結論からいうと、4KテレビをPCゲームに使うのは意外といいな!というのが感想。

もちろん大画面なのでデメリットもありますが、ゲームのジャンルによっては迫力感もアップするのでおすすめできる方法です。

 

ただ、快適にプレイするためにはそれなりの準備が必要です。

ハイスペックなPCが不可欠

まず、4K出力をするにはそこそこハイスペックなPCが必要になってきます。

 

たとえば「Forza Horizon 4」だと、公式サイトに書いてある4Kプレイ推奨スペックを満たしておく必要があります。

・GTX1080

・メモリ16GB

この環境だと、最近のレースゲームはほぼ4Kでプレイできています(参考までに)。

 

ハイスペックなゲーミングPCを用意できたら、あとは4KテレビにHDMIケーブルを接続するだけです。

HDMIケーブルの規格がややこしい

ここで注意しなければいけないのが、HDMIケーブルの規格

4K画質で出力するには、それに対応したHDMIケーブルが必要になります。

 

具体的にはHDMI2.0以上のケーブルが最適

このケーブルだと、古い規格(1.4など)よりも使える帯域が18Gbpsに増えていて、4K映像のほかにもHDRを表現するためのデータを送れるようになっています。

 

家にある適当なケーブルをさして「はい完了~」とはならない可能性もあります。

HDMIケーブルの規格には注意が必要です。

(でも、意外と家にあるケーブルで4K出力できたりするので、一度試してみるのはありです)

PC側で解像度の設定

PCをテレビにつなぐと、すぐに映像が映るはず。

ただ、画面に黒い枠があったり、文字が小さすぎることもあります。

そのため、解像度や文字の大きさの設定が必要。

 

4Kテレビなら、解像度はマックスではなく「3840×2160」に

(解像度マックスにすると、画面の下に余白ができることもあるので)

 

また、初期設定だとテキストが小さすぎることも。

そんなときは、ディスプレイ設定から「テキストのサイズを変更する」を選び、300%などを選ぶと解決すると思います。

4Kテレビはアクションゲームやレースゲームに向いている

f:id:shinshiraoka1411:20190312092033p:plain

Forza Horizon 4

PCゲームを4Kテレビで遊ぶようになって少し経ちますが、ゲームによっては面白さがアップするな!というのが感想。

特に、グラフィックの綺麗さが魅力のゲームだと、その魅力を最大限に活かせるので、4Kテレビでのプレイに向いています。

 

たとえば「Forza Horizon 4」というオープンワールドレースゲーム。

このゲームは4K映像にも対応していて、グラフィックも実写に寄せた作りになっています。そんなゲームなので、「4Kの綺麗さ・大画面の迫力」という特徴をもつ4Kテレビとはとても相性がいいですね。

 

また、「バットマンアーカムシリーズ」も遊んでいますが、こちらも迫力が増し、PCモニターでプレイするより臨場感がアップしています。

 

ただし、後から書きますが、4KテレビでのプレイはFPSゲームにはおすすめできないですね。

4Kテレビのデメリット

4Kテレビは40型以上のモデルが多く、大きな画面が特徴的。

しかし、迫力はあるものの、FPSゲームはプレイしにくいです。

理由はいくつかありますが、状況を把握しにくいのが一番デメリットに感じる部分画面が大きすぎて、敵がどこにいるのか瞬時にはわからない…

 

また、有線のキーボード・マウスだと、コードがとても邪魔になります。

PCでFPSを遊ぶ際には、キーボード・マウスがメイン。ワイヤレスモデルを持っているなら大丈夫ですが、有線タイプを愛用している人にとってはデメリットになる部分ですね。

 

1か月間使ってきて感じたデメリットをまとめると、画面が大きいことはプレイのしにくさにもつながるということ。

特に素早い動きを求められるゲーム(FPSゲームなど)では、綺麗な映像よりもいかに早く状況を把握できるかが重要。

そういったゲームには、画面が大きく見るべき場所が多すぎる4Kテレビは向かないですね。

4Kテレビのメリット「迫力を楽しむ遊ぶゲームにはおすすめ」

f:id:shinshiraoka1411:20190309093558j:plain

Assetto Corsa Competizione

4Kテレビは画面が大きく、迫力ある映像を楽しめるのが利点

その特徴が活かせるのは、どちらかというとオフラインでストーリーを進めるゲームだなと感じます。

オンラインとは違って、オフラインのゲームなら映像の美しさを見て楽しんだりする余裕がありますからね。そういったオフライン主体のアクションゲームには、4Kテレビも最適だと思います。

 

また、レースゲームも4Kテレビでのプレイに向いていますね

大画面・高精細な映像でプレイすると、レースゲームのスピード感・迫力が上がり、よりゲームに没頭できるはずです。

 

まとめると、

・映像の迫力を楽しむゲームは、4Kテレビの大画面プレイに最適

・FPSゲームのように瞬時に画面全体を把握するゲームには不向き

このような特徴がありました。

 

これからPCゲームを遊ぶ際は、こういったポイントに注意しておくと良いかもしれませんね。

スポンサーリンク