わんらぶ魂!

ゲームレビューやガジェット紹介がメインのゲーム系ブログ。サッカー観戦記なども書いています!

【スポンサーリンク】

ドラマ「ヒューマンズ」評価・感想!魅力あふれるキャラが見どころの名作!

f:id:shinshiraoka1411:20190727174611j:plain

こんにちは、わんらぶです。

 

僕は最近、海外ドラマにはまっていて「Hulu」にも加入しました。

そこで見つけたのが『ヒューマンズ/Humans』という海外ドラマ。

この作品、大まかに説明すると・・・

「アンドロイドが人間と生活する未来。そんな中で、アンドロイドにも感情が芽生える。さて、彼らには人権って必要なの?」

まあ、これがとっても面白い!

 

今回は、そんな未来でも起こりそうで「これは考えさせられるなぁ…(´・ω・`)」っていうドラマ『ヒューマンズ』の評価・感想を書いていきますよ!

『ヒューマンズ/Humans』のあらすじ

この『ヒューマンズ』というドラマ、シーズン3までが製作されています。

 

さて、最初のシーズン1はというと・・・

 

舞台はアンドロイドが広く普及したイギリス。そこでは、家庭や工場などでアンドロイドが活躍していた。

子供が3人いるホーキンズ一家にも、ミアというアンドロイドがやってきた。

最初は他のアンドロイド同様、無感情でプログラム通りに与えられた役割をこなしていたミア。しかし、ホーキンズ家の子供がミアのプログラムを見てみると、ある異変を見つける。

なんと、ミアには「アンドロイドに感情を生み出すプログラム」が組み込まれていたのだ。

ある事件をきっかけに、ミアのほかにも感情を持つアンドロイドがいることを知ったホーキンズ一家。

果たして、感情を持ったアンドロイドは人間と共存することができるのか・・・?

「ヒューマンズ/Humans」の魅力・おすすめポイント

f:id:shinshiraoka1411:20190727182519j:plain

まず「ヒューマンズ」の魅力を簡単にまとめると、

・アンドロイドだけど人間味あふれるキャラクターたち

・最後まで先の読みにくいストーリー

・キャストさんの演技と配役がいい

といったところ。

 

特に、「人間よりも人らしいアンドロイド」というのが最も惹かれるポイントですね。

この感じは今まで見たドラマとは違った感覚なので、新鮮さもあったのかもしれませんが、人以外の存在が感情を持つというのは見ていて飽きがこない要因のひとつでした。

 

それでは、ここからは少し詳しく「ヒューマンズ」の魅力を説明していきますよ!

アンドロイドだが人間味あふれる主人公たち

「ヒューマンズ」のシーズン1では、主人公のミアのほかにも数人の感情を持つアンドロイドが登場。

その誰もが「人よりも人間らしい心を持っている・持つようになる」というのが、このドラマを魅力的にしていますね。

 

実は感情を持つアンドロイドたちは、元々ある一人の科学者によって同時に生み出されたという過去を持ちます。

いわゆる「家族」みたいなもの。

そのため、お互いを思う気持ちはとても強い。その絆から生まれる結束力が、このドラマをより面白くしています。

たとえ離れても仲間を思い行動する、そんな姿勢をずーっと続ける彼らを見ていると、人間よりも仲間思いの優しい存在僕ら視聴者も自然と彼らを応援したくなる

こんな魅力があるのが「ヒューマンズ」です。

 

また、そんな彼らが自らが機械であるという事実と向き合いながら、少しずつ人間らしくなっていく様子も魅力的だったポイント

特にニスカという女性アンドロイドは、その魅力が存分に味わえるキャラ。

彼女は風俗店で奴隷のように扱われていたため、人間に強い敵対感を持っていました。

しかし、そんな彼女もアンドロイドの味方をしてくれる人間のサポートを受けるうちに、愛情や友情といった人間らしさが芽生えていく…。

ぎこちないながらも、徐々に人間らしくなっていくアンドロイドの様子は、愛らしいもの(ペットや子ども)が成長するのを見るようで、見ている僕らもじっと見入ってしまいますね

 

「ヒューマンズ」はアンドロイドの物語。

ただ、機械であるアンドロイドの生み出すまるで人間のようなヒューマンドラマは、新鮮味もあり魅力的だと感じるポイントのひとつですね。

先の読めないテンポよいストーリー

「ヒューマンズ」の特徴は先の読みにくいストーリー。特にシーズン3は誰がいなくなるか見当もつかない様子。

そのため、次のエピソードが気になるからどんどん見てしまうし、程よいスピード感も生まれています。

 

また、シーズンをまたいでの伏線もちょこっとずつあるので、「あのシーンがこんな展開を生んだのか!」という発見もあります。

ダラダラと話が続くわけでなく、多くのシーンに意味があり無駄な展開の少ないドラマに仕上がっています。

そういった部分も、このドラマにテンポの良さを生み出していますね。

キャストの配役・演技が素晴らしい

この「ヒューマンズ」は配役もいいな!と感じるドラマです。

 

女性・男性キャストともに、顔が良いだけでなく、表情で不器用さも演じられるキャストになっています。

アンドロイドは人間ではない。そのため、人よりも感情表現は不器用なはず。

その不器用さを、このドラマのキャストさんたちはとても上手く演じています。それも「ヒューマンズ」のアンドロイドに不自然さを感じない要因ですね。

 

「ヒューマンズ」のキャストさんは、感情をただ表現するだけでなく、ちょっと不器用に表現することにも長けています

こういったポイントも、このドラマが楽しめた要素ですね。

 

ちなみに、「ヒューマンズ」には人気映画に出演している役者さんも登場しています。

・『マトリックス』のキャリー=アン・モスさん

・『キャプテンマーベル』のジェンマ・チャンさん

この2人はご存知の方も多いはず。

特にキャリーさんは『マトリックス』のトリニティが印象深く、

「おぉ!こんな人まで登場するのか!」

と驚かされましたね(笑)

【注目ポイント】人間とアンドロイドは平等?

これから「ヒューマンズ」を見る方に注目してもらいたいポイント、それは・・・

人間とアンドロイドは平等だと思う?

という点。

 

このドラマでは基本的にアンドロイドの味方、という視点で物語が描かれます。そのため、アンドロイドにも人と同じような権利を与えてもいいんじゃないか?と感じる人もいるでしょう。

しかし、ただそれで終わるドラマではない。そんな都合の良い展開にはなりません

 

たとえば「人間の命とアンドロイドの命、どちらを選択しますか?」というような選択をしなければならない場面が物語の要所で出てきます。

これがただのアンドロイドなら選ぶのは楽かもしれません。

しかし、それが感情のあるアンドロイドだったら話は難しくなります。

愛や悲しみがわかるアンドロイドは、外側は機械だけど中身は人間。そんな彼らの命を奪うのは人を殺すのと同じなのではないか…?

 

頭では人間とアンドロイドは平等にすべきだと思っていても、とっさのときに彼らアンドロイドを守る選択はできるか。

自分だったらどんな選択肢をとるか考えながら見てみると、より楽しめるはずですよ!

【今一つなポイント】シーズン3最終話の結末にはちょっとガッカリ。

「ヒューマンズ」はとても面白いドラマです。

ただ一つ残念に感じたのは、最終話の結末

 

最終話まではこれまでの伏線も回収しつつ、テンポよく話が進んでいたので良かったのですが、結末はそれまでの「アンドロイドにも権利を与えるべきか?」というテーマから少しズレてしまった印象。

できればもう少し違った結末を期待していたので、ちょっとガッカリはしました。

 

でも、シーズン1~シーズン2~シーズン3の流れはとてもよく、ストーリーのテーマも最終話までは一本で通っていたので、軸がぶれることのないいいドラマだな!というのが全話見た感想です。

【総評】短いし一気見するにはおすすめなドラマ

「ヒューマンズ」は感情のあるアンドロイドに焦点を当てたドラマ。

そんなアンドロイドが、人と共存していこうとする中で感じる葛藤や悩みがリアリティを持って描かれています。

アンドロイド主体の物語ですが、SFチックな部分とヒューマンドラマを上手く掛け合わせたような作品。SF好きにはもちろん、ヒューマンドラマ好きにもおすすめできます。

 

また、この「ヒューマンズ」は各シーズン8話と比較的短いドラマです。そのシーズン数も3で終わっているので、実質24話で終了しています。

しかし、話の中身はとても濃く見ごたえがあります。

量よりも質を求めている人あまりドラマに時間をかけられない人には、短く濃くまとまっているという点でおすすめできるドラマですね。

 

今のところ国内ではHuluでしか配信されていませんが、興味があるなら「ヒューマンズ」のためだけに加入するのもありだよ!と思えるドラマです。

 

ではでは、バイなら!!

スポンサーリンク