わんらぶゲーマーのゲーム魂!!

「わん」ちゃんを「愛」するから、『わんらぶゲーマー』。PS4などのゲームや映画の話題をとりあげています!トイプードルのシロもよろしく!

【スポンサーリンク】

ゲームが趣味はダメではない2つの理由。否定されないための対処法も紹介

f:id:shinshiraoka1411:20180520151556p:plain

「ゲームが趣味です!」という大人も多いはず。

最近のゲームはクオリティが高い作品も多く、大人でも熱中してしまいますからね。

 

ただ、「ゲームが趣味だよ!」ということに嫌悪感を抱く人も残念ながら一定数います。いまだに「ゲーム=悪いもの」という考えが、一部の人の間ではある。

しかし、僕はゲームが趣味であることはダメではないと考えています。

 

今回は、「ゲームが趣味」なのがダメではない理由をゲームのメリットを添えて、そして趣味がゲームであることを否定されないための対処法を書いていきますよ!

理由①ゲームはストレス発散になる

f:id:shinshiraoka1411:20180520145804j:plain

僕は、趣味とは「仕事とは別に楽しんで愛好できるもの・日頃のストレスが解消できるもの」だと考えています。

 

そして、ゲームにはストレス発散ができるという面白さがあります。

特にシューティングゲームやアクションゲームなどは、敵を倒した爽快さもあるので、ストレス発散にちょうどいい。

 

また、ゲームでは現実世界で出来ないことができる楽しさもあります。

たとえば「マインクラフト」。今人気のサンドボックスゲームで、ブロックを使って建物を作ったりできるゲームです。

このゲームで巨大な建物を計画し、試行錯誤しながら完成させたときの達成感はとても大きいですし、ストレスも解消される。

この現実では作れないような建物を作った達成感は、ゲームでしか味わえないもの。こういった達成感などを味わえるのも、ゲームの良いところです。

 

・敵を倒す爽快感

・何かを成し遂げたときの達成感

などは日頃のストレス発散にもなります。そして、これは楽しんで愛好するものでもあるので、充分趣味だといえるはず。

 

ゲームは日頃のストレス発散になる」というのが、ゲームが趣味でもダメではない理由の一つです。

理由②いろんなことに興味が出る

f:id:shinshiraoka1411:20180520150031j:plain

ゲームを遊ぶといろんなことに興味が出てくる」。

僕が「ゲームを趣味だと言ってもいい!」と考える理由は、こちらの方が大きいです。

 

これは僕の経験談ですが、僕はもともとサッカーに興味はありませんでした。

しかし、ふと立ち寄った店で『FIFA15』というサッカーゲームを発見。

1000円で買えるし、やってみようかなぁ~

という軽い気持ちで、このサッカーゲームを始めてみました。

すると、「めっちゃ面白いじゃん!」ということに気づいた。その後、僕はゲームだけでなく実際のサッカーにも興味が出て、今では毎週のようにサッカーを見ています。

 

ほかにも、『アサシンクリード』という18世紀のイギリスが舞台のゲームを遊んでいたら、イギリスの歴史にも興味が出ましたし、レースゲーム『グランツーリスモ』からモータースポーツ・車も好きになった。

 

これは僕の経験から言えることですが、ゲームを遊んでいると、そのゲームの舞台や内容に興味が湧いてきます

このように、ゲームにはいろんなことに興味が湧くという良い点もある

これもゲームが趣味でもダメではない理由の一つです。

よくあるゲームに対する誤解

「ゲームが趣味」というのは決して悪いことではありません。むしろ、立派な趣味の一つです。

しかし、世間には「ゲームは良くないんだ!」と誤解している人もいます。

ゲーム好きはコミュ障が多い

f:id:shinshiraoka1411:20180520185236j:plain

僕が一番多いと感じる誤解は、「ゲーマーはコミュ障」ということ。

 

ただ、これは人によることであって、コミュ障というのはゲーマーに限ったことではないです。

たしかに僕自身はあまり話も上手ではないです。

でも、知り合いのゲーム好きの方の多くはお話が超上手。人前で話すことを職業にされている方もいます。

 

ゲーム好きというと、部屋の中で遊ぶものですから、インドアで根暗なイメージを持ってしまいがち。それが「ゲーマーはコミュ障」というイメージにつながっている気がします。

でも、ゲーム好きの人の多くは普通に会話もできるし、性格も明るくて楽天的な方が多いです。

「ゲーマー=コミュ障」というのは、ゲームに関する誤解の一つです。

ゲーム依存症になる

たまに「ゲームは依存症になるから、やっちゃダメ!」と思っている人もいますが。これも間違い。

 

たしかに、ゲームには中毒性があります。

でも、依存症になる人はほんのわずか。ゲーム好きの人の多くは、ゲームと仕事などを両立できています。

この時代、ゲームを遊んでいる人が数多くいます。それなのに「ゲームは依存症になる確率がものすごく高い」ということが事実だったら、日本は依存症患者だらけです。

 

依存症になる人は、ゲーム以外でトラブルを抱えている場合が多いです。逆にいうと、普通の人がゲームをちょっとプレイしただけでは何も起こらないのが普通。

「ゲームは依存症になる」ということは事実ではありますが、そうなる人は圧倒的に少ない。なので、これもゲームに対するちょっと間違った見方ですね。

ゲームは決して悪いものではない

「ゲームは悪いもの」という意見の多くは、誤解の場合が多いです。

 

たしかに、依存症などの危険をはらんでいるのも事実ですが、ほどほどに遊ぶ分には問題ない

家にこもってゲームばかりしているのが問題なだけであって、普通の生活をしつつ、気分転換にゲームを遊ぶことは良いことです。

「ゲームが趣味」を否定されないために

「ゲームが趣味」というのは、決してダメなことではないです。

ただし、気を付けるべきこともいくつかあります。

他の趣味は必ず作ろう

f:id:shinshiraoka1411:20180520150419j:plain

ゲームが趣味であることは悪くはありません。

しかし、ゲームだけしか趣味が無いのはいけない。これだとゲームが趣味であることを否定されやすいです。

 

ゲームって、他の趣味よりオタク系でインドアなもの。これしか趣味が無いと、家にこもるのが好きなキャラというイメージが付きがちです。

なので、ゲーム以外にも公言できる趣味をいくつか持っておくのがベスト

僕の場合だと、サッカー観戦やサイクリングなどですね。

 

ゲームが趣味であることを否定されないためには、ゲーム以外にも趣味を持っておくのが重要だと思います。

ゲームは遊びすぎない

f:id:shinshiraoka1411:20180520150505j:plain

ゲームは遊びすぎない」というのも大事。

これは家族と一緒に住んでいる人向けのことですが、ゲームを何時間も遊んでいると、

うわぁ…まだやってんの。画面に向かってばかりで気持ち悪い(´・ω・`)

と思われがち。

こうなると、ゲームが趣味であるとも言いづらくなってしまいます。

 

ゲームはほどほどにプレイする、あるいは1時間遊んだら30分ぐらい家族のところへ行って会話をするなどした方が、ゲームが趣味であることも認められやすくなりますね。

ゲームについて熱く語り過ぎない

ときどき、話がゲームのことになると、

「お!そのゲームはここが良いよね!私は〇〇時間でクリアしたんだ!あのボスはこう倒して・・・。でさ、あのゲームは・・・(*‘∀‘)ハハッ」

といきなり熱く語りだす人がいますが、あれは聞いている方はドン引きです…。

 

どの趣味にも言えることですが、自分の趣味を熱く語りすぎるのはNG

同じ趣味を持つ人なら盛り上がりますが、その趣味がそこまで好きでない人だとひかれます。

 

趣味がゲームなのはダメではないです。

ただ、たとえゲームが大好きでもゲームの事を熱く語りすぎるのは控えておきましょう

大人になって「趣味がゲームしかない」はダメ

ゲームが趣味であることは、別に悪いことだとは思いません。

ただ、ここまで書いたように気を付けるべきこともある。

・他の趣味を必ず作る

・ゲームを遊びすぎない

・ゲームについて熱く語りすぎない

の3つですね。

この3つを意識すれば、「ゲームが趣味!」ということも受け入れられやすくなり、否定もされないはず。

 

特に大事なのは「ゲーム以外にも趣味を持つ」ということ。

大人になって「趣味がゲームしかない…」は悲しすぎます。ゲームも立派な趣味ですが、もっとアウトドアで明るいイメージを持たれる趣味を一つでも作っておくと、

「私の趣味は、〇〇とゲームです(*‘∀‘)」

というように、ゲーム好きであることをさりげなくアピールすることも出来ますからね。

 

まだ趣味がゲームしかない人は、他の趣味も見つけるのがおすすめですよ!

 

ではでは、バイなら!!

 

スポンサーリンク