わんらぶゲーマーのゲーム魂!!

「わん」ちゃんを「愛」するから、『わんらぶゲーマー』。PS4などのゲームや映画の話題をとりあげています!トイプードルのシロもよろしく!

【スポンサーリンク】

キーボード「AZIO Retro Classic」レビュー!タイプライター風のヴィンテージ感が良い!

f:id:shinshiraoka1411:20180622101830j:plain



パソコン作業をする上で重要になってくるのがキーボード。

キーボードの性能が悪いと、タイプミスも増えてやる気も落ちてしまう。キーボードって意外と大事です。

 

僕も普段は、メカニカルキーボードを使っています。このキーボードは「カチャカチャ、ターン!」という爽快な打ち心地を楽しめるので、パソコン作業がはかどりますね。

 

ただ、今回紹介するキーボードはそれとはちょっと違っている。

AZIO Retro Classic」というキーボードなのですが、タイプライターを真似て作られたキーボードです。

今回はOffice-GH様にこの「AZIO Retro Classic」を提供していただけたので、使ってみたレビュー・感想を書いていきますよ!

このキーボードの特徴は「タイプライター風」であること

f:id:shinshiraoka1411:20180622101636j:plain

全体的に高級感が漂う

このキーボード、見た目からも分かるようにめっちゃ変わってます。

僕も最初見たとき、

うわ!こんなデザインのキーボード見たことない!

と思いましたね。

 

「AZIO Retro Classic」の最大の特徴は、このデザイン

キーは全てタイプライターのように丸くなっており、キースイッチもメンブレン式ではなくタイプライターのような「カチッ」という触感になるよう設計されています。

とことんタイプライター風にしようと工夫されているキーボードですね。

 

その他には、こんな特徴があります。

まずは、USB/Bluetoothの両方で接続可能ということ。どちらの場合でもWindows/Macともに使うことができます。

ちなみに、Bluetoothの無線でつなぐときは事前にバッテリーの充電が必要ですが、6,000mAhリチウムイオン電池が内蔵されているため、バックライト点灯使用で一回充電すれば1~3か月は使うことができます

 

このほかにも、

・天然素材を使っているためデザインがおしゃれ

・長く使用できる素材(本革など)が使われている

といった特徴があります。

実際に使ってみた感想・レビュー

今回、僕が使用したモデルは海外向けのもの。国内版は現在生産中だそうです。

 

そしてこのキーボード、タイプライター風にしているのが最大の特徴。

そして、これは良い影響も悪い影響もあるなぁ…というのが僕の感想ですね。

打ち心地がいい

f:id:shinshiraoka1411:20180622101754j:plain



このキーボード、キーの打ち心地自体は良いです。

僕はタイプライターを実際に触ったことはないですが、映画などで見たことはある。そしてこの「AZIO Retro Classic」は、僕のイメージ通りの打ち心地

 

メカニカルキーボードのような「カチャカチャ、ターン!」という爽快さはありませんが、「カタカタッ」というタイプライターのような打ち心地を楽しむことができています

 

そして、その打ち心地と同じぐらい僕が気に入ったのは、打鍵音

ゲーミングキーボードのようなうるささは無く、「カタカタッ」というちょっと控えめな打鍵音。

音こそ小さいですが、キーを押した後にしっかりと音が鳴るので、キーボードを叩く楽しさを味わえるキーボードに仕上がっています。

 

「AZIO Retro Classic」の良いところ一つ目は、打ち心地&打鍵音がいいということですね。

見た目がおしゃれでインテリアになる

f:id:shinshiraoka1411:20180622101859j:plain

音楽の再生やブラウザの起動もFNキーで行える

このキーボードは性能もそうですが、見た目もこだわっています

本革とアルミニウム合金でキーボードの大部分が作られているので、全体的に高級感があふれている

そのため、普通のキーボードと違い、置いてあるだけでもおしゃれに見えます。

 

「パソコン周りを出来るだけおしゃれにしたい!」という人には、このキーボードはおすすめできますね。

 

また、これは僕が感じたことですが、このリッチな見た目は意外と効果があって、

「なんかやる気出ないけど、このリッチな感じのキーボードを使いたいからパソコン作業するぞ!」

というように、パソコン作業のモチベーションも上がります。

 

「AZIO Retro Classic」は見た目も高級感がありおしゃれに仕上がっていますね。

土台がしっかりしていて安定感抜群

f:id:shinshiraoka1411:20180622102018j:plain

このキーボードの脚は全部で4個。

そのそれぞれの脚の表面積が広く、なおかつゴムも付いているので、めったなことではズレません

そのため、パソコン作業中でもキーボードがズレず、ストレス軽減につながっています

 

普通のキーボードだと、多くの場合、脚はプラスチックです。そのため、ズレやすいというデメリットがある。

一方、「AZIO Retro Classic」は脚にゴムが付いており表面積も大きいので、使用中にズレることはほぼありません

これもこのキーボードの良いところですね。

キーバックライトがおしゃれ

f:id:shinshiraoka1411:20180622102036j:plain

バックライトを点けた状態

このキーボードには、キーバックライト機能が備わっています。

そのため、ちょっと暗いところでもキーが判別しやすいですね。

 

また、デザイン面でもバックライトは良くて、点けているとおしゃれに見えます

白っぽく光るのが、おしゃれに見える理由だと感じますね。

 

ちなみに、バックライトの明るさは4段階で調整可能です。

少しタイピングしづらい

ここからは、このキーボードの今ひとつなポイントを。

 

まず、他のメカニカルキーボードに比べて「AZIO Retro Classic」はタイピングしづらい

おそらくキーが丸いのがその原因。キーが丸いため、少しキーを押しにくく、慣れるまではタイプがしにくいですね。

 

タイプライターを真似てキーを丸くしたことにはメリットもあります。僕の場合だと、タイプミスがかなり減りましたから。

ただ、タイピングのスピードはちょっと落ちてしまったのも事実。

もう少しタイピングが快適にできると良かったですね。

全体的にキーが重い

このキーボードのキースイッチはメカニカル。ですが、キーの重さは結構あるように感じます。

 

僕がキーの軽い青軸キーボードに慣れていたこともあったせいか、このキーボードは意外とキーが重く感じる

そのため、2時間ぐらいタイピングしていると、手が疲れてきます

 

タイプライターらしさも感じられるので、最初は「このキーの重さはいいな!」と思っていましたが、やはり長時間使うとなるともう少しキーが軽い方が良かった

出来ればキーの重さを、もう少し軽くしてほしいところですね。

4種類から選べる

f:id:shinshiraoka1411:20180622102129j:plain

『Artisan』

僕が今回紹介したのは「AZIO Retro Classic」の『Artisan』というモデル。

この他にも『Posh』・『ELWOOD』・『ONYX』といったモデルがあり、計4種類のモデルから選ぶことが可能

 

こうやって、自分の好みの色合いやデザインのキーボードを選べるのは良いですね。

デザイン性はGOOD!使いやすさはまずまず

f:id:shinshiraoka1411:20180622102204j:plain

テンキー付き

「AZIO Retro Classic」は、デザイン性については完成度が高く、申し分ないと思います。

タイプライターらしさが色々と感じられ、レトロ感もある。しかし、現代風な部分もあり、とても良いデザインですね。

 

また、使いやすさですが、出来ればキーの重さがもう少し軽いと使いやすいような気がしますね。

やはり若干キーが重いため、3時間以上タイピングしていると手が疲れてきます。疲れにくさでは、やはりゲーミングキーボードに分があるなぁ…と思いますね。

 

僕のまとめとしては「デザインが良いと思ったら買ってみるのもアリ。でも、疲れにくさを求めるならゲーミングキーボードがおすすめだよ!」という感じですね。

 

ではでは、バイなら!!

 

◆このキーボードの詳しい情報・購入ページはこちら⇒

天然素材を使用したハイエンドキーボード。Azio Retro Classic | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

 

関連記事

◆作業がもっと捗る!おすすめPC周辺機器特集⇒

おすすめのPC周辺機器13選!この便利グッズを使えば作業も捗る! - わんらぶゲーマーのゲーム魂!!

 

◆便利なものばかり!ほかのPC周辺機器のレビューはこちら⇒

PC周辺機器 カテゴリーの記事一覧 - わんらぶゲーマーのゲーム魂!!

スポンサーリンク