わんらぶ魂!

ゲームレビューやガジェット紹介がメインのゲーム系ブログ。サッカー観戦記なども書いています!

【スポンサーリンク】

【Jリーグ】サッカー観戦の楽しみ方を紹介!初心者でも気軽に行ってみよう!

f:id:shinshiraoka1411:20181226102942j:plain

日本の国内サッカーリーグであるJリーグ。現在はJ1・J2・J3などのカテゴリーがあります。

そんなJリーグですが、日本国内にはたくさんのチームがあり、沖縄や北海道などにもクラブがあるため、意外とスタジアムに足を運びやすいという特徴があります。

 

しかし、初めてサッカー観戦する人の中には、ちょっと敷居が高く感じる人もいるはず(実際、僕もそうでした)。

今回は、そんな初心者の方でも、Jリーグ観戦を楽しめるんだよ!ということを書いていきます。

これからJリーグを見に行く人は、ぜひこれらの楽しみ方を参考にしてみてください!

【準備】試合前日までの楽しみ方

f:id:shinshiraoka1411:20190209163218j:plain

まずサッカー観戦する際は、チケットは事前に購入しておきましょう。

基本的に、事前購入したほうが価格も安く、自分の希望にあった座席をゲットできるのがその理由。

当日券は、割高&売り切れも多いのでおすすめしません

 

購入場所は、インターネット・コンビニなどがあります。

ただし、これもインターネットが一番です。スマホがあればどこでも買えるのが大きな理由ですね。

Jリーグの場合、クラブのホームページで購入すると、価格も安く抑えることができます。

ホームゲームのチケットの買い方

ホームゲームの場合は、ホームチームのオフィシャルチケットサイトで買うのがおすすめ。

価格もほぼ最安で購入でき、座席も希望にあったものを選びやすいからですね。

 

ただし、多くのクラブでは初回購入の際に、会員登録が必要になります。そのため、メールアドレスの準備は必要です。

 

アウェイチームのチケットの買い方

アウェイチームを応援するときは、アウェイ席のチケットが必要。

この場合、チケットの購入場所はJリーグチケットというサイトが一番わかりやすくておすすめです。

おすすめの座席は指定席

f:id:shinshiraoka1411:20190205085548j:plain

埼玉スタジアムの座席図

サッカースタジアムには、

・メインスタンド

・バックスタンド

・ゴール裏

・アウェイ席

の4つがあります。

このうち、ゴール裏は熱く応援するサポーターが集まるエリアで、試合中は立っていることの方が多い座席。コアなサポーターも多いので、慣れないうちはおすすめしにくいエリアです。

 

そのため、サッカー観戦の経験が少ない間は、メインスタンド・バックスタンドの指定席がおすすめ。ここだと席取りも必要なく、気軽に行きやすいエリアです。

中でもバックスタンドは、メインスタンドよりも割安な価格なので、予算的にもGOODなエリア。

そういった指定席でチャントを覚えてから、ゴール裏に行ってみるとまた一つ違ったサッカー観戦の楽しさを味わえますよ!

スタジアムへの持ち物

必ず持っていくべきなのは、

・チケット

・必需品(スマホ、財布など)

・現金

・防寒具

このうち、現金は大事。スタジアム内の売店は現金にしか対応していないことが多いからです。

 

また、雨の日はポンチョ・雨がっぱは必須

屋根があるスタジアムでも、完全に覆われていることは少ないので、ほとんどの座席が濡れます。なお、スタジアムでは傘をさすことができないので注意が必要です。

気になる選手を見つけておくと倍楽しめる!

f:id:shinshiraoka1411:20190209164906j:plain

ここでサッカーの試合に関する楽しみ方を紹介。

 

ただ何となく試合を見るのもいいですが、気になる選手を一人ピックアップしておくともっと楽しくなる!

サッカーの試合中は、ポジションごとに皆が違った動きをしています。たとえばFW(最前線の選手)を例にあげると、

・シュートを相手に邪魔されずに打つために動く

・味方のために相手の守備を引き付ける

・相手ボールなら守備陣にしつこくプレッシャーをかけて、ボールを遠くに蹴らせる

など。

 

こういった動きはサッカー経験者ならすぐにわかるようですが、未経験だとなかなか理解しにくい。そのため、まずは一人の選手をじっと観察するのも楽しみ方のひとつ。

いろんな動きをするので、その理由を考えながら見ると面白さにつながります

「イケメンだから!」「足が速いから!」「髪型が面白いから」

どんな理由でもいいので、一人気になる選手を見つけておいて、出来ればネットでちょっとプレーの特徴を調べておく。これも楽しさにつながりますよ。

試合当日の楽しみ方

f:id:shinshiraoka1411:20181226101920j:plain

サッカーの試合当日は、

①スタジアムに入場

②選手がウォーミングアップ開始(ここでチャントが始まる)

③選手紹介

④選手入場~キックオフ

こういった流れになっています。

 

ここからは、試合当日の楽しみ方を紹介!

スタジアム周辺のグルメを楽しむ

スタジアム周辺のグルメを楽しむ、これもサッカー観戦の楽しさだと思います。

たとえば、セレッソ大阪の本拠地「ヤンマースタジアム長居」では、たこ焼きなど地元のグルメを屋台で楽しめる。

ほかにも、屋台だけでなく、普段は行かないスタジアム近くの飲食店に入ってみるのも楽しいですね。

 

ただし、埼玉スタジアムのようにスタジアムの周辺にはお店が皆無の場所もあるので、グルメを楽しむ場合は、事前に下調べしておくのがおすすめです。

選手紹介・各チームのチャントを楽しむ

キックオフの1時間前になると、選手がウォーミングアップを開始します。それと同時に、各チームのゴール裏でチャントが開始。

このチャント、チームによって特徴がありますが、総じて言えるのは「迫力マックス!!!」ということ。生で聞くと、いつも爽快さを感じます。

チャントはYouTubeで動画がアップされているので、初観戦の人はひとつ覚えておくと、一緒に歌えて思い出になりますよ!

 

また、選手紹介も見どころのひとつ。

カッコいいものもあれば、ちょっと変わったところもある。横浜FMの光を使った「トリコロールギャラクシー」は、雰囲気も盛り上がる特徴的な演出のひとつです。

選手の動きを見て楽しむ

一人の選手に注目してみるのも楽しみ方のひとつ。

理由は何であれ、気になる選手がいると応援したい気持ちになりますし、チームにも愛着がわきます

 

また、その選手の特徴を知ったうえで観戦すると、より一層楽しめる!

たとえばドリブルの上手い選手なら、彼がどういった特徴のドリブルをするのか?(スピードで抜き去る、キレの良さで間をすり抜ける…など)

 

選手によって違った特徴があるのも、サッカーの面白さ。そういった特徴を見つける・知るというのも、サッカーの楽しさですね。

会場との一体感

試合中は各チームのチャントが響いています。それに合わせて歌う、もしくは手拍子をするだけでも一体感を味わえて楽しさを感じられます

また、タオルマフラーやユニフォームを着て、見た目も周りと合わせると、さらに一体感を感じられるようになります。

 

サッカー観戦を現地で見る楽しさのひとつは、会場との一体感だと思います。

そしてゴールで盛り上がる、これぞサッカー観戦です。

どのチームを応援すべき?おすすめは地元クラブ

f:id:shinshiraoka1411:20200106161700j:plain

NACK5スタジアム(大宮アルディージャ本拠地)

これからJリーグを観戦するとき「どのチームを応援すべきなの?」と思うかもしれない。「強さを求めるなら鹿島アントラーズ」と答えますが、茨城県民でないと鹿島に通うことは厳しいのが事実です。

そのため、やはり地元のクラブを応援するのがおすすめ

自分の住む街に近ければ、定期的に観戦しに行けて、チームをもっと応援しよう!という気になりますし、愛着もわいてくるからです。

 

また、近くにあるのがたとえ下のカテゴリーのクラブであっても馬鹿にすることなかれ。

J2・J3のクラブにはJ1にはない地域密着型のような良さがあり、また一つ違った楽しさがあります。

Jリーグに興味のある方は、まずは近くのクラブのホームゲームに行ってみるのがおっすめです。

まとめ

サッカー観戦、特にJリーグの楽しさは現地で観戦しやすいこと

実際にスタジアムに足を運ぶことで、間近でプレーを見られ、チャントでサポートをすることもできる。これはJリーグのどのクラブにも言えることだと思います。

 

これから観戦する方に、こういった楽しさがあることを知っていただければ嬉しいです!

 

ではでは、バイなら!!

スポンサーリンク