わんらぶゲーマーのゲームを愛するBlog!!

「わん」ちゃんを「愛」するから、『わんらぶゲーマー』。PS4などのゲームや映画の話題をとりあげています!トイプードルのシロもよろしく!

オウルテックの青軸メカニカルキーボード『OWL-KB109CBL-BK』のレビュー!安いけど使いやすくておすすめ!

家電量販店をフラフラするのが大好きなわんらぶ@wanlovegamer)です!

 

基本的にPCやタブレットなどのコーナーを見て回るのですが、つい最近PCコーナーで気になるものを見つけました。

それが「メカニカルキーボード」(''ω'')ノ

f:id:shinshiraoka1411:20171031153529p:plain

店頭に展示されていたものを試しに何回かタイピングしましたが、超打ちやすくて気持ちいい!

そこからネットでおすすめのメカニカルキーボードを探し、今回購入したのがオウルテックの青軸キーボード『OWL-KB109CBL-BK』。

 

今回はそんなオウルテックの青軸メカニカルキーボードをレビューしていきますよ!

そもそもメカニカルキーボードとは?

f:id:shinshiraoka1411:20171031145822j:plain

ガジェットに興味がない人からしたら、

「メカニカルキーボードって何ぞや?(´・ω・`)」

となると思うので、その説明から。

 

1000円ほどで売られてるような一般的キーボードは「メンブレン」と呼ばれています。

このキーボードは比較的安く作れるというメリットがありますが、一つのキーが壊れるとキーボードそのものを交換しなくてはなりません。

他にも、長時間使用すると疲れやすいなどのデメリットがある。

f:id:shinshiraoka1411:20171031152302j:plain

一方、今回紹介するのは「メカニカルキーボード」。

このキーボードのメリットは、

・打ち心地が良い

・タイプミスが少なくなる

・頑丈なので壊れにくい

という点。

 

メカニカルキーボードはメンブレンとは違い、キーを打つたびに「カチャ」と音がするため、確実に文字を入力したと分かるようになっています。

そのため、タイプミスが減るようになっています。

 

また、メンブレンよりも頑丈に作られているため、長い期間使うことができるという特徴もある。

 

そして、僕が一番いいなと思ったのは「打鍵の気持ちよさ」。

キーをクリックするたびに「カチャ、カチャ」とクリックした感触があるので、タイピングをしているとすごーく気持ちいい!

 

以上のような特徴を持っているのが、メカニカルキーボードなんです。

メカニカルキーボードには種類がある

f:id:shinshiraoka1411:20171031172540j:plain

メカニカルキーボードといっても、いくつか種類があります。

 

人気の3種類をあげると、

青軸⇒キータッチは重いが、打鍵感は一番ある

赤軸⇒キータッチが軽く、打鍵感も少ないのでサクサクした感じ

茶軸⇒青軸と赤軸の中間で、両方の良さがある

があります。

 

爽快感を求める人は「青軸」、長時間のタイピングでも疲れないものが良い人は「赤軸」を選ぶことが多いようです。

『OWL-KB109CBL-BK』のレビュー

今回僕が選んだのは、オウルテックの青軸キーボード。

 

僕がこのキーボードを購入するにあたって注目したポイントは3つ。

打ち心地がいい

価格がそこそこ安い

ゲームでも使える

ということ。

 

中でも重視したのは、打ち心地

今までは1000円もしないやすいキーボードを使っていましたが、正直タイピングしていてもつまらないんですよね。

そんな中、家電量販店で青軸のキーボードを試し打ちしたら一目惚れ。

 

そんなわけで、キーボードのタイプは打ち心地の良さが売りの青軸のキーボードに決定。

 

また、安さ&ゲームにも使えるという2点も考慮すると、7000円ほどで購入できる『OWL-KB109CBL-BK』になりました。

いざ開封!

f:id:shinshiraoka1411:20171031142952j:plain

なかなか大きい箱に入っていました。

ゲーム業界では有名な『Razer』のキーボードと、箱や中身の大きさは変わらないですね。

重さは1.2㎏と普通のキーボードの倍近く。

 

f:id:shinshiraoka1411:20171031143226j:plain

安めとはいえ5000円を超えるキーボードなので、梱包はしっかりしています。

 

f:id:shinshiraoka1411:20171031143318j:plain

内容物は、

・キーボード

・パームレスト

・PS/2変換コネクタ

・交換用キートップ

・キー引き抜き工具

・取扱説明書

 

f:id:shinshiraoka1411:20171031143516j:plain

ゲームをプレイする人向けに、4つのキートップも付いています。

 

f:id:shinshiraoka1411:20171031143625j:plain

設置するとこんな感じ。

 

脚の部分が揃っていなくてガタガタする、なんてこともないですね。

スペック

・キー配列:日本語JIS

・キー数:109

・インターフェース: USB、PS/2

・対応OS:Windows10/8.1/8/7/Vista

・キーピッチ:19.2mm

・キーストローク:4mm

・キースイッチ:CHERRY MX Tactile メカニカルスイッチ青軸

Amazonより)

 

使ってみて感じたメリット

まず、タイピングが超楽しい!

打つたびに「カチャ、カチャ」となるのは爽快です。

文字を入力するたびにクリック感を得られるという青軸ならではの魅力を存分に味わえるようになっていますね。

このクリック感は、PCを起動していないときでも触っていたくなりますよ。

 

また、付属のパームレストはちょうどいい。

ある程度長い時間タイピングしていても、腕が疲れにくいようになっています。

 

キーボードだけで音楽の再生やボリューム調整ができるのも、地味ながら嬉しいポイント。

f:id:shinshiraoka1411:20171031143602j:plain

PS/2コネクタで接続すると、全キーを同時押ししても認識してくれます。

これはゲームをプレイときにありがたい機能。

デメリット

これは青軸全般にいえることですが、音がうるさい

お店で試し打ちするときは周りがうるさいのでそこまで音が大きいと感じなくても、静かな家でタイピングすると、

おい、意外とうるさいぞ!( `ー´)ノ

となるでしょう。

なので、うるささが周りに迷惑がかからない環境でないとなかなか使いづらいですね。

 

ただこの音ですが、不快な音ではないので「カチャッ」という音がそこまで嫌ではない人は、青軸を買っても問題ないでしょう。

LEDバックライトのある『OWL-KB109CBLL-BK』

今回僕が購入したモデルには、LEDバックライトは付いていません

なので、

「ちょっと高くてもLEDバックライトがある方が良い!」

という人は、『OWL-KB109CBLL-BK』がおすすめ。

 

LEDバックライトが付いているため、価格は少し高くなりますが、中身はほとんど同じ。

暗いところでの作業が多い人やカッコよさを求める人は、LED付きのモデルが良いでしょう。

 

 

ネットでの評判通り、良い製品

Amazonなどでの評判通り、今回購入した『OWL-KB109CBL-BK』は良いキーボード。

青軸ならではの爽快感・打ちやすさを味わえるようになっています。

 

価格は約7000円と、キーボードの中では少し高い部類。

でも、値段だけの価値はあります。

 

「いつものタイピング作業を少し変えたい!」

「お手ごろなメカニカルキーボードが欲しい!」

そんな人におすすめの商品です!

 

ではでは、バイなら!!

購入リンク

 

おすすめの記事

www.wanlovegamer.com

www.wanlovegamer.com

 

www.wanlovegamer.com

スポンサーリンク