わんらぶゲーマーのゲームを愛するBlog!!

「わん」ちゃんを「愛」するから、『わんらぶゲーマー』。PS4などのゲームや映画の話題をとりあげています!トイプードルのシロもよろしく!

『ニンテンドースイッチ』を買うなら知っておくべき10の事!(ソフトや値段、スペックの情報など)

ニンテンドースイッチを買おうか悩んでいるわんらぶです!

 

やはり一人のゲーマーとして、ニンテンドースイッチを見過ごすわけにはいかない気持ちもある。が、お小遣いもそろそろ底をつきそう…。

f:id:shinshiraoka1411:20170121161412j:plain

 

そんな感じで未だに購入するかは決まっていませんが、ニンテンドースイッチについてはかなり調べた。そして気づいたこと、それは「ニンテンドースイッチの情報は結構多いし、ちょっと複雑かも…」ということ。

情報が多い分、ちゃんとした理解が必要になってくる!というわけで今回は「ニンテンドースイッチ買う前に知るべき10の事」を書いていきます!

 ~目次~

①スペック

ニンテンドースイッチには、本体である「Switch Console」とドックがある。

Switch Consoleは6.2インチで1280×720ビットの液晶パネルを搭載。NVIDIA製のカスタムTegraプロセッサを積んでいる。

 

<本体のスペック>

ディスプレイパネル 6.2インチサイズ,解像度1280×720ドット,静電容量式タッチパネル
SoC NVIDIA製 カスタムTegraプロセッサ
本体保存メモリ 32GB
外部映像出力 HDMI(バージョン未公開),出力解像度1920×1080ドット/60Hz
サウンド 内蔵ステレオスピーカー,マイク入力,HDMI経由でリニアPCM 5.1ch出力対応
USB USB Type-C×1(充電端子兼用)
インタフェース ゲームカードスロット×1,microSDカードスロット(microSDXC対応)×1
無線通信機能 IEEE 802.11ac,Bluetooth 4.1
センサー 加速度,ジャイロ,照度
バッテリー駆動時間 2.5~6.5時間,充電時間約3時間
サイズ 239(W)×102(D)×13.9~28.4(H)mm(Joy-Con取り付け時)
重量 約297g,Joy-Con取り付け時 約398g

 

<ドックのスペック>

外部映像出力 HDMI(バージョン未公開)
USB 側面:USB 2.0 Type-A×2,背面:USB 2.0 Type-A×1(アップデートで後日USB 3.0に対応予定)
サイズ 173(W)×104(D)×54(H)mm
重量 約327g

 

ちなみにグラフィックの良さに関わるGPUですが、NVIDIA社のニンテンドースイッチ専用GPUを搭載しています。

②ジョイコンのバッテリーについて

f:id:shinshiraoka1411:20170121170335p:plain

フル充電で20時間使用可能。また、フル充電には3時間半かかる。

 

充電方法は二つ。

一つはJoy-Con充電グリップという別売りのグリップに接続する方法。ただ、これだと本体プラスαの値段がかかってしまう。

一番簡単なのは本体に接続する方法。この方法なら本体のみ購入しても充電できる。

③容量は?

f:id:shinshiraoka1411:20170121174350p:plain

本体容量は32GB。それだけでは足りなくなったらmicroSDカードも使用可能。最大2TBのものまで対応している。

 

この容量についてだが、ダウンロード版のゲームを購入予定の方は要注意。ゲーム自体の容量が大きいので本体の保存容量だけではいっぱいになってしまう。そのため、必ずSDカードを買う必要が出てくる。

ダウンロード版を買う人はSDカードの購入を検討する必要あり

④オンラインは有料(ただし、2017年秋までは無料)

今までの任天堂のゲーム機とは違い、オンラインは有料。PS4やXbox Oneと同じということだ。

 

オンラインサービスに入ると以下のことが利用可能。

・スマートフォン向け「オンラインロビー&ボイスチャット」アプリ

・ファミコンやスーパーファミコンのソフトを、月替わりで1ヵ月制限なく遊べる

・Nintendo Switchソフトなどが割引される

 

オンラインが有料化されるため、低年齢層が減ってオンラインのマナーが良くなるかも・・・

⑤基本的な本体は2種類

本体は2種類。コントローラーの色による違いがある。

コントローラー自体の値段が高いので、最初に本体を選ぶときは付属のコントローラーの色をよ~く考えてから購入しよう。

f:id:shinshiraoka1411:20170121153618p:plain

(出典:本体ラインナップ | Nintendo Switch|Nintendo

 

また、『スプラトゥーン2』や『スーパーマリオオデッセイ』などのゲームが同梱された特別なモデルもある。

こういったモデルは、予約開始して1時間も経たずに予約終了となるほどの人気ぶり。

ゲームの同梱版を狙っている人は、ゲットするのがそれなりに大変であることは覚悟しておこう。

⑥PS4との違い

海外のサイトにこんな情報が。

f:id:shinshiraoka1411:20170121154345p:plain

 (出典:Nintendo Switch vs PS4 and Xbox One: An in-depth look at the 2017 console wars

 

詳細な情報は公開されていないためあくまで目安だが、Wii Uよりは優れている。ただ、PS4には劣るという感じ。

 

この表から言えること。それは「ゲームをとことん楽しみたいコアなゲーマーは、性能の高いPS4やXbox Oneを購入した方が良さそうだ」ということ。やはり携帯型と据え置き型の両立を目指すニンテンドースイッチには、性能面で限界があるのかもしれない。

⑦注目の周辺機器

Nintendo Switch Proコントローラー(6,980円+税)

f:id:shinshiraoka1411:20170121164725p:plain

ワイヤレス式のコントローラー。グリップ型で持ちやすく、長時間のプレイに向いているという特徴がある。

充電は付属のUSBケーブルで行う。

 

Nintendo Switch Proコントローラー

Nintendo Switch Proコントローラー

 

 

Joy-Con充電グリップ(2,480円+税)

f:id:shinshiraoka1411:20170121164807p:plain

ジョイコンを接続してグリップ型コントローラーのようにプレイできる機器。付属のグリップとは異なり、充電しながらのプレイが可能なのでバッテリー切れの心配がない

付属のUSBケーブルで充電可能。

 

Joy-Con充電グリップ

Joy-Con充電グリップ

 

 

Nintendo Switch キャリングケース(1,980円+税)

f:id:shinshiraoka1411:20170121164918p:plain

本体を傷つけず、安全に持ち運ぶためのケース。本体の液晶画面を守る保護シート付。「ゲームカード」5枚、「Joy-Conストラップ」2個を収納できる仕切りパッドも付いている。

本体を立てかけるスタンドとしても使用可能。

 

Nintendo Switch キャリングケース (画面保護シート付き)

Nintendo Switch キャリングケース (画面保護シート付き)

 

 

⑧ローンチタイトル

f:id:shinshiraoka1411:20170121165357p:plain

(出典:https://topics.nintendo.co.jp/c/article/842ff951-2d0d-11e6-8360-063b7ac45a6d.html

 

ローンチタイトルは8つ。

・ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

・1-2-Switch

・ドラゴンクエストヒーローズI・II for Nintendo Switch

・信長の野望・創造 with パワーアップキット

・いけにえと雪のセツナ

・ぷよぷよ テトリス S

・魔界戦記ディスガイア5

・SUPER BOMBERMAN R』

 

注目は『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』と『1-2-Switch』。

1-2-Switch(4,980円+税)

f:id:shinshiraoka1411:20170121173432p:plain

『1-2-Switch』はジョイコンを外して遊ぶゲーム。

実際に体を動かしてプレイするゲームがいくつも収録されている。それも種類がかなり多い。卓球があるかと思えば、乳搾りといったかなりマニアックで独創的なものまである。

体験会では子供に人気だったゲーム。この反応の良さから考えると、期待できるゲームと言っても良いのではないだろうか。

 

1-2-Switch

1-2-Switch

 

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド(6,980円+税)

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』はゼルダシリーズ最新作。シリーズ初のオープンワールド形式になっている。豪華特典の付いたスペシャル版も発売予定。

ちなみにこのゲームは元々、Wii Uで発売されるはずだったが、度重なる延期によって発売がここまで伸びてしまった。

 

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド

 

 


ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 3rd トレーラー

⑨注目すべきおすすめソフト

ここからはゲーマーである筆者が選ぶ発売予定の注目タイトル。

スーパーマリオオデッセイ

f:id:shinshiraoka1411:20170121162254p:plain

Wii Uのマリオと同じく3Dだが、シリーズとしては久々の箱庭ゲーム

ストーリーはいつものように、「クッパにさらわれたピーチ姫をマリオが助けにいく」というもの。

 

今作の注目ポイントは「ステージ」と「帽子アクション」。

ステージは今までのマリオとは違い、この世界のどこかにありそうな市街地が登場。他にも森や砂漠、ファンタジーなステージもある。この個性あるステージの多さは魅力の一つになるだろう。

 

また「帽子アクション」も今作の目玉。

今までのマリオは帽子を被っているだけだった。だが、今作のマリオは一味違う。

帽子をフリスビーのように投げて敵を倒したり、投げた帽子を踏み台にしてジャンプにしたりと「帽子アクション」が多彩に使用できる。

 

『スーパーマリオオデッセイ』はニンテンドースイッチを購入するならぜひ注目すべきゲーム!

 

スーパーマリオ オデッセイ

スーパーマリオ オデッセイ

 

 

マリオカート8 デラックス

f:id:shinshiraoka1411:20170121163655j:plain

Wii Uで発売されたマリオカート8をリメイクした作品。

オリジナル版よりもキャラクター、コース、マシンが増えている。また、アイテムボックスは二つ持てるシステムに変更。

 

注目ポイントはスプラトゥーンのボーイとガールが追加された点。それぞれスプラトゥーンを彷彿させるアクションをレース中に行ってくれるので、ファンは熱くなるだろう。

 

オリジナル版と全く違うというわけではない。そのため、マリオカート8をプレイしていたユーザーも戸惑うことなく楽しみやすいのではないだろうか。

 

マリオカート8 デラックス

マリオカート8 デラックス

 

 

スプラトゥーン2

f:id:shinshiraoka1411:20170121163805j:plain

Wii Uで絶大な人気を誇る超ヒット作の続編。ただ、前作からストーリーが続いているわけではないので、新規ユーザーも気楽に遊べる作品。

 

グラフィックなどはそこまで変化がないものの、前作にはなかったステージ・武器などが追加され、確実に進化を遂げている

 

前作の勢いはすさまじかった!それだけに『スプラトゥーン2』には注目するしかないだろう!

 

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

Splatoon 2 (スプラトゥーン2)

 

 

FIFA18

f:id:shinshiraoka1411:20170612150532j:plain

世界的に人気なサッカーゲーム『FIFA』もニンテンドースイッチで発売予定。

ただ、PS4やPC版とは収録されるモードなどが若干違う。

 

サッカー好きにはぜひプレイしてもらいたい作品。また、ゲームとしても優れているので、ゲーマーは要チェックな作品

 

FIFA 18

FIFA 18

 

 

他にもあるぞ!

他にも『マインクラフト』や『スカイリム』などビッグタイトルが参戦予定。ニンテンドースイッチはソフトもかなり豪華になりそう!

⑩値段

f:id:shinshiraoka1411:20170121172325p:plain

正規価格は29,980円+税 。

ようやく生産も追いつき、正規価格で購入しやすくなった。ただ、相変わらず転売屋もいるので、転売屋からは買わないようにしよう。

ニンテンドースイッチはゲームの歴史を変えるかも!

ニンテンドースイッチって独特の形をしていますよね。今までのゲーム機にはない個性がある。

また、据え置き型と携帯型の両立を目指しているというのもなかなか面白い!これも今までのゲーム機にはない試み。

ニンテンドースイッチには「今までのゲーム機にはない何か」がある気がします。その「何か」が多くの人の心をつかんで大ヒットするかも。

 

ではでは、バイなら!!

 

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

Nintendo Switch Joy-Con (L) ネオンブルー/ (R) ネオンレッド

 

 

おすすめの記事

www.wanlovegamer.com

www.wanlovegamer.com

www.wanlovegamer.com

 

スマホのおすすめゲームアプリ

www.wanlovegamer.com

スポンサーリンク