わんらぶゲーマーのゲーム魂!!

「わん」ちゃんを「愛」するから、『わんらぶゲーマー』。PS4などのゲームや映画の話題をとりあげています!トイプードルのシロもよろしく!

【スポンサーリンク】

海外旅行の街歩きにおすすめなメンズショルダーバッグを紹介!【コールマン ウォーカークールショルダー】

f:id:shinshiraoka1411:20180422102449p:plain

こんにちは、わんらぶ@wanlovegamer)です!

 

みなさん、海外旅行に行くときはスーツケースの他に、街歩き用のサブバッグを持っていきますよね。

だけど、そういった街歩き用のバッグって、意外と選びにくいもの。

「リュックにしようか?それともショルダーバッグにしようか?」という悩みも出てくる。

 

海外で使える街歩き用のバッグには、長時間歩いていても疲れないような軽さだったり、治安の悪い地域でもスリに遭いにくい防犯性が高いバッグが必要になってきます。

 

こういった条件を満たすバッグは、普段から意識していないと見つけづらい。

ただ、きちんと条件を満たすバッグが見つかれば、旅行をより快適にしてくれます。

そこで今回は、「まだ海外旅行で使うバッグが決まってない・・・」という人のために、僕も実際に海外旅行で使っている街歩き用バッグを紹介しますよ!

海外旅行のサブバッグの選び方

まずは海外旅行の街歩きに使うサブバッグの選び方を解説。

防犯・軽さなど、注意すべき点はいくつかあります。そういった点に注意して、サブバッグは選びましょう。

スリに遭いにくい

f:id:shinshiraoka1411:20180421165739p:plain

基本的に、海外は日本より治安が悪いです。スリや置き引きも多いので、防犯対策は日本にいるとき以上にしっかりしなければいけません

 

では、「具体的に防犯対策になるバッグってどんなものなの?」ということですが、おすすめなのは『ファスナーの付いたショルダーバッグ』。

ショルダーバッグは、人が多い場所=スリが起きそうな場所、では体の前で持つことで防犯対策ができます。

また、ファスナーが付いていれば、そう簡単にはバッグの中身をとられない。

 

まだ海外旅行に慣れないうちは、海外の街歩きではすぐに体の前で抱えられて防犯対策のしやすい『ショルダーバッグ』がおすすめですね。

軽い&コンパクト

f:id:shinshiraoka1411:20180421165954j:plain

海外旅行の街歩きでは、意外と長い距離を歩きます。1日2万歩ぐらいは普通に超える。

それだけ歩くため、街歩き用のバッグは軽くないといけません

バッグ自体が重いと、それだけ体にも負担がかかり、旅行の後半は疲れとの戦いになってしまいます。そうなったら、せっかくの旅行がもったいない。

 

なので、街歩き用のバッグは出来るだけ軽いものを選びましょう。

具体的にいうと、

「片手で持っても重いと感じないなぁ~。肩に掛けても肩こりしなさそう

というぐらいの軽さがベストですね。

 

また、コンパクトさも大事

観光客に人気の場所(美術館や王道のスポット)に行くと、場所によってはかなりの人がいます。

そういった場所で大きな荷物を持って歩いていたら、はっきり言って邪魔です。

また、美術館などの中には「大きな荷物はNGですよ!」というところもある(大英博物館などがその例)。

 

大きな荷物は持っている本人にとっても、周りの人にとっても邪魔。バッグなどの荷物は出来るだけコンパクトにしましょう。

適度に仕切りがある

f:id:shinshiraoka1411:20180421170335j:plain

バッグには「仕切りがあるもの・ないもの」がありますが、おすすめなのは仕切りがあるバッグ

仕切りがあると、バッグの中で荷物がぐちゃぐちゃになることを防げますし、そのとき取り出したい物をすぐに出すことも出来ます。

 

逆に仕切りがないと、バッグの中がぐちゃぐちゃになって、荷物も取り出しにくいです。

 

街歩き用のバッグは、中の荷物が整理整頓しやすい仕切りがあるバッグを選ぶのがおすすめですよ。

リュックよりもショルダーバッグをおすすめする

f:id:shinshiraoka1411:20180421170557j:plain

海外旅行のバッグというと、

「リュックにする?それともショルダーバッグ?」

という問題に行き着きます。

 

この問題ですが、僕はショルダーバッグをおすすめします

理由は2つあって、まず防犯の面から。

リュックだと、どうしても背中に背負ってしまう。すると、自分の死角に荷物があるわけですから、スリなどにも遭いやすいです。

 

また、荷物の取り出しやすさでもショルダーバッグに分があります。

ショルダーバッグなら、すぐにバッグを自分の前に持ってきて荷物を取り出せますが、リュックだと一度背負っていたものを下ろして、それから荷物を出さなくてはいけない。

 

リュックにもメリットはあります。両方の肩で支えるから、疲れにくいとか。

でも、海外旅行では「防犯・荷物の取り出しやすさ」のメリットがあるショルダーバッグを持っていくべきだと思います。

特に防犯の面では細心の注意が必要ですからね。

メンズのおすすめショルダーバッグはこれ!

f:id:shinshiraoka1411:20180422101509j:plain

そんな条件に合うバッグが『ールマン ウォーカークールショルダー』というショルダーバッグ。

 

  コールマン ウォーカークールショルダー
容量 8L
重さ 約365g
大きさ W32㎝×H23㎝×D12㎝
カラー ブラック、サクラなど計8色

 

外側にチャックのないポケット×2、ファスナー付きポケット×2。

メインのポケットの中には、2つの仕切りとファスナー付きポケットが1つあります。

 

要約すると、「外にはポケットが3つ・中にはポケットが3つ」付いたショルダーバッグです。

 

また、ペットボトル用に防水加工されたポケットが一つ付いています。

軽い&コンパクト

f:id:shinshiraoka1411:20180422101603j:plain

ペットボトル用のポケットもある!

「このバッグは見た目以上に軽いぞ!」というのが、僕の第一印象。

仕切りがいくつもあるので、一目見ると「あ、ちょっと重そうやな・・・」と感じますが、実際は軽い。

 

重さは約365g。イメージとしては「iPhone6が3台分の重さ(390g)」ですね。

バッグとしては比較的軽いので、長時間の街歩きでも肩への負担は少なめ

 

また、このバッグは容量が大きめながらコンパクトに作られています。

幅が32㎝なので、そこまで大きくは感じません。なので、人の多いところ(地下鉄など)でも邪魔になることはないですね。

そして、容量もそこそこあるのが、このバッグの良いところ。

容量は8Lあり、カメラやガイドブックなど、街歩きに必要な荷物は一通り入ります。

 

軽くてコンパクト、それに加えて容量もあるのがおすすめポイントの一つです。

前に持てば防犯にもなる

このバッグはショルダータイプ。なので、体の前でも持ちやすいというメリットもあります。

人が多くて「なんかスリが多そうだなぁ~」と思ったら、さっとすぐにバッグを前で持てる。こうすることで、防犯対策が簡単にできますね。

 

また、このバッグにはファスナーも付いているので、体の前で持ちファスナーも閉めていればそう簡単にはスリに遭うこともないはず。

 

スリなどへの防犯対策がしやすいというのも、このバッグのおすすめポイントです。

適度に仕切りがある

f:id:shinshiraoka1411:20180422101533j:plain

このバッグは適度に仕切りがある、これもおすすめポイントの一つ。

 

外側にポケットが3つ、中にはポケットが3つ付いているわけですが、これがとっても便利!

「貴重品は中のファスナー付きポケットに入れる」

「ティッシュとか素早く取り出したい物は、外側のポケットに入れよう」

というように、持ち物に応じたポケットの使い方ができるので、非常に便利なバッグになっています。

 

たまに仕切りが多すぎて使いにくいバッグもありますが、このバッグはちょうどいい仕切りの数になっていますね。

実際に使ってみた感想

f:id:shinshiraoka1411:20180422101659j:plain

一言でいえば「使いやすい!」。

 

バッグ自体が軽いので、カメラやモバイルWi-Fiなどを入れても肩が痛くなりにくいですね。

大きさもコンパクトなので、人の多い場所でも邪魔にならないのも良かった点。

 

そして、一番よかったと感じたのは仕切りの多さ

このバッグの仕切りはちょうどいい数になっています。バッグの中の整理整頓がしやすいので、荷物を出したいときにパパっと取り出すことが出来るのも良い点。

 

このバッグは全体的に評価の高いショルダーバッグですね。

ショルダーバッグを使う上での注意点

ショルダーバッグを海外で使う上で注意すべきポイントがあります。それは、

・体の前で持つ

・食事中、床に置かない

ということ。

 

まず「体の前で持つ」ということですが、これは歩いているときや立ち止まっているときの防犯対策。

これを実践していればバッグにも意識が向きますし、そう簡単にはスリなどの被害には遭わないでしょう。

 

そして「食事中、バッグを床に置かない」ということ。

海外では、食事中にバッグを床に置いておいたら、隣の客にいつの間にか持っていかれたということがあるそうです(笑)

まあ、注意しすぎて損をすることは無いですし、食事中もバッグは膝の上に置いておきましょう。

ショルダーバッグは海外旅行のサブバッグにおすすめ

ショルダーバッグは、使い勝手のよさ防犯の面から見ても、海外旅行のサブバッグとしてはおすすめ出来ます。

リュックを持っていく人もいますが、まだ慣れないうちは海外の街歩きでも使いやすいショルダーバッグを使うのをおすすめしますよ。

 

また、そのショルダーバッグの中でも『コールマン ウォーカークールショルダー』はお手ごろな値段でいいバッグです。

なにより仕切りが使いやすいのが、このバッグの特長。バッグの中身も整理整頓しやすいので、荷物も取り出しやすいですね。

日本での普段使いにも向いているショルダーバッグなので、おすすめですよ!

 

ではでは、バイなら!!

 

 

スポンサーリンク